足底筋膜炎について

足底筋膜炎の原因はかかとへの負荷がかかりすぎることです。足の裏ではそれぞれの指先からかかとにかけて、扇状に腱が広がっておりこれを足底腱膜と呼びます。足底腱膜は足のアーチ構造を保つのに不可欠で、かかとへの衝撃を和らげて負荷を小さくする働きもあります。

しかし負荷がかかりすぎると、炎症や小さな断裂によりかかとや足の裏に痛みをもたらす足底筋膜炎を発症します。過剰な負荷を与える原因としては、スポーツや立ち仕事、加齢が代表的です。

足底筋膜炎になりやすい方とは

スポーツではランニングとジャンプを多用するマラソンやサッカー、バレーボールをされる方によく見られます。ランニングやジャンプは足の裏を圧迫したり腱を引っ張ったりする力が強いです。これらの動作を繰り返すスポーツをしている人は注意しなければなりません。

立ち仕事は長時間足の裏に負荷がかかることが関係しています。立つという動作は足の裏で体重を支えることであり、足底腱膜への圧迫感も強くなります。スポーツ選手はパフォーマンスの向上や体への負担を避ける目的で機能性の高いシューズを利用する傾向にあります。

一方で動きそのものには成果を求めていない仕事ではあまりクッション性がない靴を使う人も多く、足底筋膜炎になりやすいといえます。

加齢

加齢で足底筋膜炎になるのは、筋力が低下するためです。筋力低下により重心がかかと側に傾いてしまいます。さらに加齢に伴い体の柔軟性が失われるので、足底腱膜が引っ張られる力が大きくなり負荷がかかりやすいです。

足底筋膜炎でお悩みなら当院にお任せください

足底筋膜炎でお悩みなら練馬区にある ゆうしん整骨院 光が丘にお任せください。

どんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り分かりやすく説明しています。説明を理解してもらった上で患者様にあった施術をしています。施術をしながら、患者様と少しでも痛みに対しての理解を深めてもらうため、患者様とのコミュニケーションを大切にしています。

お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

ご予約・お問い合わせはこちら

tel:03-6913-3899

WEB予約

ゆうしん整骨院 光が丘

住所:〒179-0075
東京都練馬区高松5-4-25 島田ビル1階

営業日:月曜日~土曜日

営業時間:8:00~12:00 15:00~20:00

休診日:日曜日

最寄り駅:光が丘駅から徒歩11分 練馬高野台駅から徒歩19分