• 足底筋膜炎について
  • 足底筋膜炎の原因はかかとへの負荷がかかりすぎることです。足の裏ではそれぞれの指先からかかとにかけて、扇状に腱が広がっておりこれを足底腱膜と呼びます。

  • 詳細はこちら
  • 捻挫について
  • 捻挫は何かの衝撃やねじれ、転倒等によって、関節に無理な力がかかり、不自然に曲げてしまったりのばされてしまう事で、骨と骨をつなぐ靭帯や軟骨が傷ついて発症します。

  • 詳細はこちら
  • 肩こりについて
  • 肩こりに悩まされている人がたくさんおられますが、今問題になっているものにストレートネックがあります。

  • 詳細はこちら
  • 突き指について
  • 突き指の原因はスポーツや転倒などによって発生することが多く、瞬時に縦方向の強い力が指に加わることで発生しやすくなります。

  • 詳細はこちら
  • 腰痛について
  • 多くの現代人が悩む腰痛の原因は多岐にわたります。椎間板ヘルニアやすべり症の場合には画像診断で把握可能ですから、整形外科に行けば診断が下りるため原因の特定は難しくありません。

  • 詳細はこちら
  • ばね指について
  • ばね指という症状を聞いたことがある人は多いはずですが、これはスポーツを行う人や指をよく動かす仕事をしている人などがなりやすい症状だと言えます。

  • 詳細はこちら
  • 骨盤矯正・歪み矯正について
  • 骨盤の歪みは、代謝が低下して血行不良に陥り、全身のめぐりが悪くなってあらゆる不調を引き起こしてしまいます。

  • 詳細はこちら
  • 坐骨神経痛について
  • 腰から足先にかけて通っている坐骨神経で起きている痛みのことをいいます。一つの病気につけられた名前ではなく、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群などにより該当の部分で感じる痛みの総称です。

  • 詳細はこちら
  • 腱鞘炎について
  • 腱鞘炎は、骨と筋肉を繋ぐ腱を包む腱鞘が炎症を起こす病気です。発症する原因は主に手首や指の使い過ぎで、最近ではスマホを使い続けたことで腱鞘炎になる患者さんも増えています。

  • 詳細はこちら
  • 膝の痛みについて
  • 40代、50代からの膝の痛みの多くは、変形性膝関節症です。変形性膝関節症とは、膝の関節内でクッションの役割をする関節軟骨がすり減り、骨と骨が摩擦を起こすようになって膝の関節が変形する病気です。

  • 詳細はこちら
  • 背中の痛みについて
  • 姿勢が悪い状態では背骨に大きな負担をかけてしまうことがあるのです。頭が重たいので、前かがみになったり猫背でスマートフォンを操作していると、背中は次第に炎症状態に至ってしまい痛みを感じるようになります。

  • 詳細はこちら
  • テニス肘について
  • テニス肘は名前の印象でテニスだけが原因で起こると思われやすいですが、実はテニス以外でもこの症状を引き起こしてしまうことがあります。

  • 詳細はこちら
  • 産後骨盤矯正について
  • 骨盤は重い上半身を支えるためにも、人間の骨の中でも特に強固なつくりとなっている部位です。通常は丈夫な靭帯によって骨盤は正しい位置で支えている特徴があります。

  • 詳細はこちら
  • ぎっくり腰について
  • ぎっくり腰の正式名称は急性腰痛症であり、突然腰に痛みが生じるという症状を指しています。横になっている状態から起き上がった時、あるいは重い荷物を持ち上げたときなどに、症状が現れやすい傾向です。腰に痛みを生じる症状の総称ですので、その原因は多岐にわたっています。

  • 詳細はこちら
  • オスグッドについて
  • スネの内側にある脛骨が突出するオスグットは、成長期の10代を中心に発症する傾向があります。

  • 詳細はこちら
  • 側弯症について
  • 側弯症は正面から見て真っ直ぐに伸びているべき背骨が、左右に湾曲をしていることで曲がっている状態です。

  • 詳細はこちら